おだやかじゃねえ

Not that it is NOT ODAYAKA

アイカツスターズ!第63話『ツンドラから吹く熱い風』〜白銀リリィの成果を振り返る

アイカツスターズ!第63話『ツンドラから吹く熱い風』

[脚本:野村祐一/絵コンテ・演出:中島大輔/作画監督:西島加奈、石田智子]

 f:id:odayakana:20180802031019p:image

 

白銀リリィの抱えるメインテーマが(主に身体的な)「抗えなさに寄り添いながら自分に出来ることを成し遂げていく」であるということに関してここでは詳しくは検討しないが、『Dreaming bird』と『荒野の奇跡』の歌詞引用

「この手のひらに残されたもので何が出来るかを見届けていかなくちゃ 」

「抗えぬ力に寄り添いながら 傷ついた翼をふるわせながら それでも羽ばたいてわたしは生きる」

固有曲2曲の共通テーマを考えれば十分な説得力になるでしょう。

(その上で第92話「 私たちのエピソード ソロ」にてリリィの願いが「無病息災でアイカツ」だったのがしんどい。泣)

 

 

ツンドラから吹く熱い風』〜あらすじ

SPRドレスを獲得したこともあり例年より心身の充実を感じる白銀リリィは、夏期通例の高原療養は行わずゴシックヴィクトリア主催・ファン感謝ツアーへのチャレンジを決意する。

リリィ先輩へ恩返しがしたいと桜庭ローラも同行しツアーがはじまるが参加者が一人集合時間に遅れてしまう…そしてそれはギャグみたいに多発するトラブルと超展開への序章に過ぎなかった…

 

 

というわけでアイカツシリーズの特徴からすれば超展開中心のギャグ回という位置づけになるかと思いますが、実は白銀リリィの成果を振り返るための重要なエピソードとしても機能しています。

『ヴァンパイヤミステリー』や『ギャラクシースターライト』『リトルフェアリー物語』などはドラマ回という完全フィクションの設定あってこその超展開ですが、『ツンドラから吹く熱い風』に関してはフィクションの線引きが曖昧になっているという特色がある。

 

白銀リリィといえば現実主義者的な描写が強い

みんなと一緒でなければいけないのですか

私たちはみんなひとりひとり違います

感性も記憶力も運動能力も 体力も 顔立ちもスタイルも そして声の質も声量も

さまざまな個性があるのですから レッスンの仕方もさまざまで良いのです

みんなで一緒にレッスンすることで得ることも多いでしょう でも それが出来ない時は今あなたに出来ることを精一杯やればいい

それがセルフプロデュースです

アイカツスターズ!第26話 奪えない夢)

 

桜庭:リリィ先輩は皆さんを笑顔にするために歌ってるんですね

リ:何の話ですか

桜庭:えっ?

リ:自分のブランドで作った自らが愛するドレスを着てステージに立ちたい ただそれだけです

言うなれば私は私自身のために歌っているのです

アイカツスターズ!第33話 迷子のローラ⁉︎)

といった現実主義者である反面、誰よりも空想を愛する文学少女であるし自分の歌やブランドへの運命を語る夢想家でもあります。

 

今でも思います

ゆずがこの本を持って来なければ今の私は存在しない

そう、あれはまぎれもなく運命

運命を引き寄せるも抗うもあなた次第

アイカツスターズ!第27話 小さなドレスの物語)

  

63話冒頭のオロスコピオサウルスを想像するシーン

f:id:odayakana:20180802044438p:image

恐竜だと説明されてるにも関わらず博識のリリィが想像していたのはどう見ても怪獣…

そういう突飛のない想像力も内包しているリリィの二面性が示されたシーンでした。

また、『ツンドラから吹く熱い風』というサブタイトルもツンドラと熱いという両極端な二面性を引き立てる上手なタイトルになっています。

だからこそこのエピソードの構造自体、夢か現実かの線引きが曖昧な白銀リリィらしい二面性を備えたものになっているのではと思います。

 

 

さて本筋へ

そんな抗えなさに寄り添うというテーマや夢に対する二面性を内包する白銀リリィですが、本エピソードで次々に巻き起こるトラブルに対して「なんとかなりませんか」と懇願するだけ自分では解決策を見つけられない無能として描かれています。トラブルに対して解決策を提示してくれるのは自身が夢破れた四ツ星S4というむなしさ。

終盤リリィの夢の中で戦隊ヒーローになって戦うのがS4であることからも身体の弱いリリィに対してS4は力の象徴みたいな表現になっており、そこにはリリィの無意識下に抱く負い目みたいな感情もあるのだと思います。

ただ、このエピソードにおけるトラブルに一貫されているのは遅刻・忘れ物・停電など当事者の意識や身体的な抗えなさとは関係のない、万人共通の抗えなさであります。(や、弁当の忘れ物には気付こう)

 

この世界は個人には抗えない事象で満ちている。

白銀リリィはリリィ独自の抗えなさを抱えているが本エピソードはそれとは関係なく人間が直面しうる抗えない場面を浮き彫りにした。

そして本エピソードにおいて願望を唱えることしか来ないリリィは自身では何も解決することが出来ないが、その窮地を救ったのは他でもない白銀リリィのこれまでの成果である。

リリィの力になりたいと自主的にツアーに同行した桜庭ローラをはじめとして、行く先々で(偶然)遭遇するS4達も是非力になれればと自主的に協力したいと申し出ますが、それはここに至るまでのリリィの行いがあったからです。(3万フィート上空からビビッと来たゆずリリ いいゾ〜☆)

S4戦では夢破れたがリリィですがこれまで彼女が周りに与えてきた影響がS4をも動かしうる成果となって返ってきた。自分だけでは抗えない事態も他人の力を借りて好転することもある。

 

第39話 四ツ星学園、危機一髪!? はそれまで自らの道は自ら切り開いてきたと自負していたリリィが他人に支えられていたことを受け入れるエピソードでした。

夢は誰にも頼らず 自らの手で掴みとるものだと思っていました

でも それは愚かな考えでした

私は知らぬ間に多くの人の力を借りていた いつも誰かに助けられていた

本当にありがとう

(第39話 四ツ星学園、危機一髪!?)

 

そうやってライブステージの準備が整った涼風高原

かつて、私は私自身のために歌っているのですと述べたリリィですがこのステージでは口上の前に「感謝の場を与えてくれた全ての人たちの為」と率直な感謝を述べた後「白銀リリィ このひとときに魂をこめて」と続きました。

第63話はこれまでの白銀リリィの総決算的なエピソードといえますし、その精神性はのちに「裸足のルネサンス」(ひとりはみんなのためにある みんなはひとりのために)を歌うなど引き継がれていきます。

第63話の白銀リリィはツアーのための問題を何も解決出来なかったけれど、それでも最高のアシストを受けて最高のステージを魅せた。

それは裏方や各関係者のお膳立ての上で輝くアイドルという存在そのものを示しているともいえるし、いかなるドラブルが起ころうとステージを成功させることがアイドルにとって何よりも重要な資質であるというアイカツスターズ!を代表するエピソードだと刮目されたい。

(停電中の人里離れた高原にどうやって観客が集まったんだとか細かい話はどーでもいーんだコノヤロー)

 

抗えなさやファンや仲間に支えられていることを受け入れ、今の自分に出来ることに魂をこめること。そんなテーマとリリィが向き合うための『ツンドラから吹く熱い風』でした。

 

そして第100話 まだ見ぬ未来へ☆にて彼女は63話で務めきることが出来なかったツアーガイドの役目を果たし、アイカツスターズ!の幕は一旦下りたのでした。